fx 1万円

MENU

初心者主婦でも1万円からFXトレードができる!

FXを始めるには大量の資金が必要と思われがちですが、実は「たった1万円」からでもFXを始めることができるってご存知ですか?

 

その方法や気を付けるべき点、気になる利益や損失についてもご紹介していきます。

 

FX資金1万円でも10万円でもやることは同じ

主婦はもちろん誰でもFXは1万円からトレードできる

 

今では少数単位のトレードが出来るようになったことから、1万円から始めることが可能になりました。

 

小数単位でのトレードと言っても、1万通貨単位のトレードと売買の方法は同じです。

 

「※スワップポイント」もきちんとその通貨単位で貰うことが出来ます。

 

ただし、1万円という限られた資金ということは、限られた数量分の「※ポジション」でのトレードになります。

 

つまり、1万通貨でのトレード時に比べると利益が少なくなります

 

それは損失についても同じで少なくなります。

 

しかし、初心者ですから少額の資金でトレードを始めるのは良い練習となります。

 

「※」のFX用語が分からない場合はこちら→「知らないと困る!FX初心者が知っておくべきFX専門用語集

 

FX資金1万円から始めることができるFX口座は限られているので注意!

では、手軽だし1万円でFXを始めてみようと思った時、1つだけ注意が必要です。

 

チェック
通貨の量が1,000通貨以下でトレードできるFX会社で口座開設をしておく必要があります

 

 

おすすめのFX口座だと、FX資金1万円でも始められる口座は

チェックLION FX(ヒロセ通商)

 

チェックSBI FXトレード

 

この2つの口座だけです。

 

後は「1万通貨からの取引」になるので、ドル円だと約4万円ほど必要になります。
(ドル円の為替レートが100円、レバレッジ25倍の計算)

 

これが、ヒロセ通商のLION FXだと「1,000通貨」からFXができるので同じ条件だと約4,000円あればFXできるんです。

 

ちょっと手軽ですよね〜

 

SBI FXトレードはさらに少ない資金からできますが、おすすめなのは「取引してるだけでいろいろなキャンペーンに応募できる」ヒロセ通商のLION FXがおすすめ

 

少ない資金からできるといっても、少なすぎれば利益も少なくなりますからね(数円・数十円とか^^;)

 

さらにヒロセ通商には初心者におすすめの機能「さきよみチャート」と言うツールがあります。

 

このツールは口座開設をしていれば誰でも見ることができるので便利!

 

未来の値動きを予測してくれるので初心者の方がトレードを始める時にどのような方向にローソク足が動いていくのか参考になると思います。

 

まだチャートやテクニカル分析がまだよくわからない、そういう方にも安心して使えるツールの一つとなっています。

ヒロセ通商のさきよみチャート01

 

ヒロセ通商のさきよみチャート01

 

そして、FXの勉強をトレードしながら始めたい、そういう方にヒロセ通商の分析ノートが便利です。

 

自分の取引の損益グラフ、勝率などを視覚化してくれますので分かりやすいです。このツールを使って、次はどういう形でトレードをしていくかという指針にもつながると思います。

 

ヒロセ通商のさきよみチャート01

 

その他にSBIFXトレードという会社は、なんと1通貨からトレードが出来ます。

 

1通貨だと1000通貨よりさらに証拠金が少なくて済みます。

 

どちらのFX会社もお勧めなのですが、ツールなどが充実していて、さきよみチャートや、分析ノートがあるヒロセ通商はこれからFXを始める初心者の方に特にお勧めです。

 

 

▼おすすめのFX口座「ヒロセ通商(LION FX)」の口座解説はこちらから▼

FX取引するだけでご飯がもらえる!?主婦は活用しておきたいLION FX(ヒロセ通商の口座開設はこちら

 

FXを1万円で始める際に気を付けること(計算方法)

FXは計算ばかり

 

1万円の資金でトレードを始めると、かなりレバレッジが高くなります

 

レバレッジを高くしないと、FX資金1万円でトレードができないからです。

 

おすすめのFX口座「ヒロセ通商」の場合(1000通貨単位からのトレードが可能)

 

FXに必要な資金は現在レートによって金額が変わりますので、その時の大体の金額で計算します。

 

例)ドル円
※必要な証拠金
現在のレートが109.5円の場合

 

109.5円×1000通貨×4%=4380円(100円未満切り上げ)
4400円が1000通貨で必要な証拠金となります。

 

※レバレッジ
1000通貨のドル円を取引する場合
口座資金 1万円
1ドル109.5円

 

取引金額109.5円(1ドルの価格)×1000通貨=109,500円
レバレッジ=109,500円÷1万円=10.95倍

 

レバレッジは約11倍になります。

 

上記で計算方法を書きましたが、FXのツール上で実行レバレッジは勝手に表示されるので初心者でも大丈夫です^^

 

ヒロセ通商の実行レバレッジについて

 

実質計算上、1万円の資金があるなら2000通貨分のポジションを保有することが出来ます。

 

その場合レバレッジは約22倍になりとても高くなります。

 

ということは、リスクが高くなるということです。

 

1万円の資金でも、上記の様にポジションの保有数量やレバレッジに気を付ける必要があります。

 

ヒロセ通商の場合ドル円が109.5円で1000通貨なら必要証拠金が4,400円必要になりますが、10000通貨だと44,000円必要になります。

 

1万円から始めるFXには1万通貨でのトレードは、必要証拠金が不足するのでトレードをすることが不可能ということが分かると思います。

 

必要証拠金 ドル円が109.5円でヒロセ通商の場合

 

1000通貨=4,400円
10000通貨=44,000円

 

現在のレバッレジの上限は25倍です、簡単に言うと1万円の25倍すなわち25万円分の外貨の売買が出来るのです。

 

1万円の25倍までトレード出来るなんてすごい!と思われますが、25倍までの取引が出来るけれども、ロスカットは証拠金残高の100%を割った時です。

 

ロスカットはFX会社によって50%だったり、100%だったりするので初めて取引をする場合には事前に確認しておきましょう。

 

例えばヒロセ通商の場合だと

 

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
今回の場合(1000通貨)だと、10000円÷4400円×100 となり、ポジションを持ち、損が5600円以上出た時に、ロスカットされてしまいます。

 

つまり、有効証拠金が必要証拠金を下回った時点でロスカットになります。
必要証拠金は現在のレートによって金額が変わりますので、ドル円があくまで109.5円の場合の必要証拠金が4400円です。

 

証拠金維持率
資金10000円
ポジション109.5円でロング
最大レバレッジ25倍
1000通貨
含み損-2000円の場合

 

残高10000円−2000円=8000円

 

証拠金維持率=8000円÷4400円(必要証拠金)×100=181.818181…%

 

つまり、2000円=2円下落の値幅だと維持率は181%ということになりロスカットまで余裕があることが分かります。

 

ロスカットになってしまう前に早めの損切りをすること、トレードを続ける為には多少の余裕が必要です。

 

ロスカットの計算が面倒だなと思う方もいると思います、FX会社の口座内には維持率を表記してくれるところもありますので大丈夫です。

 

もし、維持率などを表記してくれなくてもロスカットを計算してくれるサイトなどがありますから、そちらのほうを参考にするのもいいかもしれません。

 

初心者の方には最低1000通貨からのポジションでトレードに慣れてもらい、損切りについてどのように行うといいのか考えたり、トレードに対してのメンタルを鍛えてほしいと思います。

 

さて、1万円からFX始めるには1000通貨でトレード出来るFX会社が不可欠という事が分かったと思います。

 

FXを1万円から始めた場合のメリットとデメリットについて

FXを1万円からスタートするメリットとは

FX1万円からは主婦でも始めやすい

 

メリットについては、少額の資金で始められるので初心者でもFXを始めやすいことです。

 

1万円なら、何かを少し我慢したりして貯めることが出来る金額じゃないでしょうか?

 

主婦ですから大金を用いてトレードをするのは、ご主人に内緒にしておきたいですよね。

 

でも、1万円くらいなら「今、少額の資金でトレードをしているの。」と胸を張って報告が出来るのではないでしょうか?

 

その方が気分的にいいですし、利益になったらビール1本でもあげてご主人のご機嫌を伺うのもありですね。

 

もし、手元の資金が売買での損切りによって少なくなってしまっても、1万円以下の損失に抑えることが出来るので、リスクを抑えることが出来ます。

 

FX資金1万円なら練習しやすい

 

トレードの練習が出来るのもメリットの一つです。

 

最初から大金を用いてトレードをすると、損が重なっても、まだまだ資金があるのでだらだらとトレードしてしまうことがあると思います。

 

しかし、この1万円分しかトレードが出来ないと思うと、FXの勉強に真剣に取り組めると思います。

 

1000通貨でのトレードと10000通貨でのトレードの仕方は大きく変わりません。

 

だったら色々なテクニカルチャートを試してみたり、どのような時間帯がトレードしやすいのか、損切りのポイントなど、自分なりのトレードの方法が見つかるまで、少額で試しながらFXの勉強をした方が良いと思います。

 

FXを1万円からスタートするデメリットとは

FXを1万円から始めるデメリットとは

 

デメリットは、色々な通貨の同時売買が難しいことや、資金が少ないことによって利益が少なくなることです。

 

欲しい通貨の種類が沢山あったとしても(ポンド円やユーロドルやドル円)、1000通貨だと必要証拠金の関係で2種類ほどしか買えないかもしれません。

 

必要証拠金が1万円以内で収まる通貨にしなくてはならないからです。

 

けれど、トレードを始めた最初の内は複数通貨の同時売買は難しいと思うので、これ!と決めた通貨のチャートを観察して値動きを把握しましょう。

 

資金が少ないことによって利益が少ないというのは、トレードをして100pipsの利益が出たとしても、1000通貨分のトレードなので1万通貨の時には100pips=10,000円の利益だったのに対して、1000通貨は100pips=1,000円の利益になってしまうのです。

 

例えば、ドル円を109円で買って110円で売った場合、1円の利益が発生します。

 

110円−109円=1円

 

1円=100pips
100pips→10000通貨=10,000円
100pips→1000通貨=1,000円

 

利益が十分の一でも、繰り返せば総資金は増えていきます。

 

総資金が増えたら、ポジションを2000通貨に増やせば、利益は1000通貨でのトレードの時の2倍になります。

 

まずは、自分の売買する通貨の必要証拠金分の利益を目標に頑張りましょう

 

ヒロセ通商の場合だと1000通貨のドル円の必要証拠金は109.5円の場合4400円なので、まず自分で“このくらいのレバレッジなら大丈夫”という利益が確保出来たら(例えば10000円の利益が出たら)、2000通貨に増やし、また利益が1000通貨分の利益が増えたら3000通貨に増やしていくという方法も良いと思います。

 

いくら利益がでても1000通貨でトレードして、レバレッジをどんどん低くして、ロスカットのリスクを下げていく方法も私はありだと思います。
(必要証拠金はFX会社や現在レートによって変わります。)

 

1000通貨から2000通貨にするための証拠金を増やすのが最初にぶつかる一番大変なことだと思います、100円の利益=10pipsでも塵も積もれば山となります。

 

10pipsの値動きは、ドル円、ユーロ円、ユーロドル円、ポンド円など主要な通貨では、ほぼ月曜日から金曜日まで動きがあります。

 

ポンド円などは1日に1円以上動くことが少なくありません。

 

なので、たかが1000通貨の利益も侮れません。

 

10000円しか資金がないと焦る必要はありません、1000通貨のトレードでも一つ一つのトレードをしっかりと記録して学んでいくことがFXを続けていくことで大切なことです。

 

デメリットは、直接的に自分にとって何か悪いことがあるという事ではないので、まずはやってみることで1万円から始めるFXの良さが分かると思います。

 

FXを資金1万円で始めた際の利益について

FXを1万円から始めた場合、1か月でどれくらい利益を出すことが出来るのか。
「スキャル(数分〜数時間の短期売買)」、「スイング(数日以上の長期売買)」、「デイトレード(1日のうちで終わる中期売買)」と色々なトレードのやり方はあります。

 

それぞれの場合の1か月(今回は4週間として)の利益について考えていきましょう。

 

スキャルの場合

週に3日のトレードで利益が1日5pipsだった場合1か月で60pipsの総利益になります。

 

1000通貨でのトレードだとしたなら、600円のプラスとなります。

 

週に3日以上出来たり、1日の利益が5pips以上ならば1か月の利益は1000円程に出来ると思います。

 

トレードによってはマイナスになる日もあると思いますので、負けても熱くならず自分のルールに従ってトレードをしてほしいと思います。

 

デイトレの場合

こちらも週に3日のトレードで1日の利益が15pipsだった場合1か月で180pipsの総利益になります。

 

1000通貨なら1800円のプラスとなります。

 

こちらも日によってはトレードの結果マイナスになることもあるということを覚えておいてください。

 

スイングの場合

こちらは上記の2つのトレードに比べると、大きな動きが1か月であるのかどうかで高い利益になるのか左右されます。

 

1か月に大きく動くなら500pips以上一方的に動くこともあります。

 

初心者の方なら100pips程なら無理なくトレード出来ると思いますので1000円のプラスとなります。

 

 

 

このように、それぞれのFXのトレード方法によって利益の金額は変わってきます。

 

トレード出来る日や時間なども、人それぞれなので上記の様に一概には言えませんが、特にスイングトレードで記載した1円程の利益でしたら、初心者の方には可能だと思います。

 

FXを資金1万円で始めた際の損失について

FXを1万円で始めた場合の損失について

 

損失についても、ドル円1000通貨ならば10pipsの損切りで100円の損失となります。

 

損失についても十分の一になります。

 

トレードをしてドル円1000通貨の買いポジションを持っていたとして、10,000円から必要証拠金の4,400円を引くと5,600円の余裕があります。

 

ドル円が5.6円下がると、5,600円の損失となります。

 

この場合、強制ロスカットとなり必要証拠金の4400円を残してFX業者は、これ以上損失が増えないようにポジションを決済してくれます。

 

なので、1万円から始めるFXの損失は、追加入金をしない限り1万円以上になることは、ほぼありません

 

中には、急激な相場の変動によってはありえますが(数年に一度)、このようなリスクを回避するためにも、きちんと損切りの注文を入れておくことが大事です。

 

損切り注文さえ入れておけば、1万円以内の損失で済むのです。

 

損失が重なってしまった場合、必要証拠金分の資金がなくトレードが出来ない場合には、今までどのようなトレードをしてきたか振り返って下さい。

 

負けトレードには、次に生かせる教訓が必ずあるはずです。

 

まとめ

ちょっと細かい計算が多かったものの、1万円からでもFXは始められます

 

大量の資金で始める訳ではないので、レバレッジが高くなってしまう為ポジションを1000通貨に抑えること、損切り注文を必ず入れることが必要。

 

損失、利益は10000通貨に比べると少なくなってしまいますが、初心者の方がFXを始めるには、とてもいい練習になります。

 

利益については、1か月で1,000円の利益というのは、スイングトレードならば初心者の方でも、かなり可能性があります。

 

損失は、追加入金をしない限り10,000円以上になることはほとんどないので、1万円からFXを始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

fx口座開設主婦.netのトップページに戻る